茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|モリハウジング

ライフスタイルが変化する、ということ

茨城県北茨城市でご依頼いただいた注文住宅は内装工事中。
自然素材を使って室内を仕上げています!!美しい!!

+

昨年の夏に父を亡くし、ここのところのお休みは実家の整理です。

祖父の頃からのモノが溢れており、整理というよりは
分別して清掃センターへ持ち込んで、の繰り返しです。
ワンボックスなので、乗せられる量は多いのですが、大変です。

祖父の頃からのモノなので、見慣れないものも多いです。
(あ、ちなみにお宝は今のところ発掘できていません)

「アンカ」って、ご存知ですか?

「電気アンカ」なら知っている方もいるかもしれません。
電気アンカは、湯たんぽのような見た目で、なかに電熱線が入っていて、
お湯の代わりに電気の力で本体を温める、というものです。

私も電気アンカなら知っているのですが、出てきたのは「アンカ」。
炭を容器の中にいれてお布団などを温めるのです。

それから火鉢はたくさんあります。
陶器でできている火鉢、木製の長火鉢、小型の火鉢、
一緒に豆炭や炭もたっぷりと出てきました。

今の時代、アンカも湯たんぽも使う人はいませんよね。
火鉢だって使う人はほとんどいません。
だから分別は大変ですが、分解して清掃センターへ持っていっています。

なぜ、火鉢を使わないのか?

エアコンがあるから?

ファンヒーターがあるから?

コタツがあるから?

答えは「断熱」されるようになったから。です。

家の断熱、まだまだ欧米から比べると寒い家が多いですが、
それでも火鉢を使っていた時代よりは良くなりました。
火鉢の時代は、手を当てて温める方法しかなかったのです。

今はエアコンもファンヒーターも空気を暖めます。
それは断熱されるようになったから。
空気を温める暖房で部屋が暖かくなるようになったからなのです。

当然ライフスタイルは変化します。

コタツが好きな人も多いですが、ファンヒーターやエアコンによって
部屋全体の空気が暖かいので、食事はダイニングテーブルで、
テレビはソファーに座って見るようになりました。

ライフスタイルはどんどん変化をしていきます。

私達モリハウジングはそういったライフスタイルの変化を想定して
シンプルに住まいを作っている会社です。
コテコテのデザイン住宅も悪くはないのですが、ライフスタイルは続きます
数十年先もその家に住むと考えれば、シンプルな家づくりの方が良いように思いませんか?

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの直接来場予約