夏向きの家・冬向きの家

 

茨城県常陸太田市でご依頼の注文住宅は外装工事へ。
家の雰囲気が見えてくるのはとっても感動的です。

+

モリハウジングの家は高気密高断熱です。
時々、「そんなに高い性能は必要ない」なんて言う人がいます。

今どき、だいぶ減ったとは思いますが・・・

「ほどほどの断熱」だとか、「関東と東北は違う」

なんてことを言っている専門家の話を聞くとちょっと残念です。

実際には暖房も冷房も断熱性能を高めた住宅が必要です。
今年、まだ一度も夜の冷房を使ったことがない方はいないと思います。
一度も冷房を使わなくて平気な方であっても、
今後、温暖化がすすんでくれば冷房を使うこともあるでしょう。

高断熱住宅は「東北や北海道だけ」ではなく、
冷房も暖房も必要な関東地方にも必要なのです。

温暖化によって寝苦しい夜も増えてきました。
ジワジワと高騰する電気料金の賦課金
原油価格が高騰すれば電気料金そのものも高騰していきます。

気密・断熱を高めることで、住宅の快適性能だけでなく、
省エネ性能=経済性も高めることができますし、
温度差が小さいことで、健康にすごすこともできるのです。

+

本題からずれてしまいました。

今どきの家は「冬向きの家」になりつつあります。

性能の低い家でも「ほどほどの気密」で「ほどほどの断熱」です。
冬は寒いけれど、夏はそれほど辛くない、なんてのは冬向きじゃない家です。
すると、夏向きの家は何か?
これは西側や東側の窓の配置に配慮して、断熱性能をあげた家のことです。
外気の湿度を無駄に入れないように換気装置も気を配って、
熱射を入れないように窓ガラスもアルゴンガスとLow-Eガラスを使用。

今は一般的な分譲住宅でも冬向きの家になりつつありますから、
とはいえ、それほど冬に暖かいわけではないのですが
結果として、夏、とても過ごしにくい住宅になってきています。

今後、日本の家は夏対策が必要!となっていきそうです。

ちょっと今日は過激な文章になってしまいました・・・。

暑いからこそ出てしまう、森の苦言でした。

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

  電 話  お問合せ