茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|モリハウジング

床下の

おはようございます。モリハウジングの森です。
最近は床下換気口が付いていない(見えていない)住宅が多いですよね。
あれは、基礎パッキンという、土台そのものを基礎から浮かして、
隙間にまんべんなく風を通す仕組があるからなんです。
この基礎パッキン、大きな欠点を持っています。
それは、床下が外気と同じ温度になることです。
床下が外気と同じ気温?当然じゃない。
いーえ、全然当然ではありません。
外と室内が同じ気温だったらどうですか?
冬はすごく寒いですよね。夏は暑いいし、湿気がもあります。
でも、床下なら良いんでしょうか?
壁には「外壁」と「通気層」「防湿シート」「断熱材」「気密シート」によって
しっかりと外部との接触を防いでいます。
床下は「断熱材」しかないんです。
気密層もないので、隙間風も入りまくりなんですね。
でも、床材は合板なので、隙間風が室内に入ることはほとんどないです。
でも、断熱材の隙間から床材の直下にはバンバンあたります。
だから床が冷たくなるんです。
床の上でファンヒーターをガンガンに使っても
床の下で外の隙間風がビュンビュン床に当たっては
部屋の中で快適にすごせるわけがないんです!!
今日は現場からの写真です。

この装置は外部の温度に応じて床下換気口が
開いたり閉じたりするものです。
外が寒い時は当然、硬く閉じてしまいます。
だから外と床下の温度は全然違うんです。
それがソーラーサーキットなんですね。
これがソーラーサーキットの工夫なんです。
+
もしあなたがモリハウジング以外の建築会社で建てるのであれば、
一度、営業マンの方にこう聞いてみて下さい。
「床下の断熱はどうなっているんですか?」
これに、
「断熱材が入っているから大丈夫ですよ」
程度の答えしかできないようでは絶対に後悔しますよ。
部屋は暖房すれば温まりますが、床下からの輻射熱は
体を冷やし続けます。
女性に膝痛や腰痛が多いのは床下の冷えが原因だそうです。
秋冷えの折、くれぐれもご自愛くださいませ。
+
定員となりましたが、あと一組だけ追加受付です!
すごい勉強会に皆様をお誘いできそうです。
エネルギー危機や欧米の住宅事情を中心とした
今後の住宅づくりを、毎年複数回ドイツへ行き、
各国の住宅事情を学んでいる早田先生が教えてくれます!
聞こうと思っても滅多に聞ける勉強会ではありません。
日時:10月24日(日)
場所:TOTOショールーム(つくば)
講師:早田宏徳(マングローブクリエーション代表)
遠方での開催なので、当社より乗り合わせて行く予定です。
少数予約制となりますので、お早めにお問合せください。
聞くのと聞かないのでは、その後の住まいづくりが大きく変わります。
僕達プロでも目からウロコのすごい勉強会ですよ!
ご予約は0120-3030-65(担当:石塚、森)まで

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO