茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|モリハウジング

今日はハロウィン

今日はハロウィンです。
実はハロウィンが良くわかっていない森です。
でも、ハロウィンが終わると、クリスマスのイルミネーションが輝きだします。
そうなんです、明日から11月なんですよねー。
もう季節は秋から冬へと変わってきているようです。

先日見つけた見事な大きな柿の木です。
ソーラーサーキットの家を作っていると、
季節にすごく敏感になります。
作り手側がそう感じるのですから、
お住まいになっている方はもっと、
季節の移り変わりに敏感になることでしょうね。
床下ダンパーと小屋裏ファンは大丈夫でしょうか?
古来の日本家屋は(ガラスがなかった時代です)
雨が降ってくると障子を外して雨戸を入れました。
柱を建て、柱と柱の間に戸を入れるのが日本の住宅です。
これがオイルショックを機にアルミのガラス窓が一般化し、
外の環境と室内の環境を分断することが一般的になりました。
日本は四季によって湿度と気温が大きく変化するのに、
同じ仕様の住宅でそれを乗り切ろうとしたのですね。
冬、暖かい室内にするためには夏が暑くなり、
夏、さわやかに生活しようと思うと、冬が寒くなる。
ソーラーサーキットは外気を感じて家の仕様を変化させられます。
以前は「唯一」でしたが、ハウスメーカーや類似工法が開発されて、
唯一の工法ではなくなってしまいました。
でも、外気を感じて、四季を感じて、家の仕様を変えられる。
雨が降ってきたら雨戸にする、冬になったら畳を敷く、
囲炉裏を使う、火鉢を出してくる、当然室内でも厚着をする。
夏になったらヨシズを掛ける、涼を感じるために風鈴をおく、
日差しを遮るために植樹をする、当然薄着になる…。
四季を感じて家の仕様とライフスタイルを変えて
やわらかく生活をしていくことは大昔もそうだったのですね。
明日から11月です。
四季を感じながら生活することができる、
ソーラーサーキットの家ではそろそろ蓄熱暖房機に火が入ります。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO