茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|モリハウジング

1.17

石塚のブログ(←クリック!)にもありましたが、
今日は建築や土木の業界に携わる私たちが、
絶対に忘れてはいけない日です。
1995年1月17日早朝(5時46分)淡路島北部を震源とした、
M7.3の地震が6434人の死者と4万人以上の負傷者を出しました。
私たちが建築した、『住宅』が凶器となり、
多くの方々の命を奪うことになったのです。
もちろん原因は住宅の倒壊だけではありません。
その他にもいろいろな要因はありますが、
全半壊の住宅は25万棟以上になります。
これが被害の多くを作り出したことは疑いようがありません。
20100117_u84754474e4754.jpg
この地震を機に住宅業界では法律が改正され(平成12年)、
現在でも、その改正された法律を基準にしています。
以前私が勤めていた土木設計事務所でも
阪神大震災後に公共構造物の耐震補強工事が増え、
どういった方法で耐震補強をするのか
いろいろな設計計算をした記憶があります。
あの地震から16年が経ちました。
まだ耐震補強が済んでいない公共構造物が多いです。
私の息子が通う小学校は、体育館の耐震補強工事を
今、施工中です。
多くの子供たちを収容する、学校という施設であっても
未だあの教訓を生かすことができていません。
そして、住宅は…。
新築住宅は長期優良住宅と言って、
阪神大震災に耐えられる強度の1.25倍に高めた住宅が、
どんどん増えていっています。
しかし、既存住宅の耐震化はほとんど進んでおらず、
行政でも補助金や減税などの優遇をしてはいるものの、
費用がかかる耐震工事の促進になるほどの優遇にはならず、
まだまだ耐震上不安の多い住宅がたくさんあります。
住宅は人間の生活を守る場所です。
これを肝に銘じ、決して「儲け主義」の住宅会社に
成り下がらないように信念を持って
これからも良い住まいを、安全な住まいを提供していこうと、
改めて兜の緒を締めなおした森でした。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO