日本の寒すぎる住宅

220120207_0257

9月23日の日経新聞にこんな記事がありました。

ドイツに住む知人が2年前に来日した際、私にこう告げた。「日本の住宅は寒すぎる。こんなエネルギーの無駄使いをしていたら家計も国も大変だと思うが、なぜ省エネ性能を追求しないのか」と。

日本経済新聞デジタル板 9月23日

日本経済新聞のデジタル版は有料ですが会員登録すると月に10記事までが無料で閲覧できます。
有益な情報もある新聞ですので、ぜひ、会員登録してみてください。

ちなみに記事の中身は断熱の方法、長所と短所となっています。
モリハウジングのウエブサイトとブログを見ているあなたにとっては
新しい発見はないかもしれませんが、覗いてみてください。

私は3年前にドイツに行ってきました。
驚いたのがすべての住宅のすべての室内が暖かいということ。
外は昼間でもマイナス15℃の大寒波が来ていたのにもかかわらず、
室内は長袖の薄手のシャツで十分の環境です。

そんな国から来た外国人は、自動車も家電もすぐれている日本の住宅の寒さにクビを傾げるはずでしょう。

キッチンもトイレも浴室も、玄関までがポカポカなのが当たり前なんですからね。
そんなドイツを見てから、モリハウジングの住宅が全棟で暖かくなりました。
それまではお客様の希望によって、予算によって選択できた断熱方法が今は「暖かい家」しか選べません。

いつか日本もドイツのようにすべての家のすべての部屋が暖かくなったら良いな〜と願っています。

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ