塗装工事2


7日更新分、おとといからの続きです。
トラックに乗っていたポリバケツに入っていた水は、
コンプレッサーによって高圧で噴射されます。
その水で住宅の塗装する場所を洗浄していくのです。
塗装は数年で劣化し、チョーキングを起こします。
白いガードレールを指でこすると、指先が白くなった経験があると思いますが、
この現象をチョーキングと呼びます。数年~数十年経過した住宅の
外壁部を指先でこすり、色が指先につけば、チョーキングを起こしています。
チョーキングは外壁面から塗膜層がはがれてくることです。
その上から塗装してしまうと、古い塗膜層と一緒に
新しい塗膜が剥がれてきてしまうことがあります。
そこで、高圧噴射で外壁を洗浄することで、
古い塗膜層を洗い落とす必要があるのです。
高圧洗浄は強い圧力の水を、いろいろな角度から当てます。
通気用に設けられた孔から浸水し、雨漏りをしてしまう場合も。
ただ単に水をかければ良いというものでもありません。
豪快に水を吹きかけているようでも、丁寧に作業をしています。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ