地盤調査


先日、ひたちなか市で地盤調査を行いました。
調査方法はスウェーデン式サウンディング(SS)によって行います。
SSとは、杭に100kgの荷重をかけて回転させながら貫入させていき、
地盤の固さ、種別などを判定する方法で、
住宅の地盤調査方法としては一般的になっています。
数年前までは調査員が100kgのウエイトを乗せた杭を
汗ダラダラで廻しながら調査をしていましたが、
最近は機械で貫入試験を行うので、非常に楽です。
写真が貫入を行う機械。クローラまで付いているので移動もらくらく。
ただ、調査員が「楽だけれど体が温まりません…」とつぶやいていました。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ