住宅を建築すること・住宅部材を建築すること(2)

昨日の続き(←クリック!)です。
塗装ができない状況の屋根の詳細写真です。
20110218_5454e654354.jpg
表面が剥離してしまっています。
この状況では上から塗装をしても、
バリバリと剥がれおちてしまうため、
塗装を乗せることができません。
なので、メンテナンスとしての塗装をすることが不可能なのです。
すぐに原因を考えました。
1.オーナー様のメンテナンスが足りなかった
  ⇒10年目のメンテナンスで、足りないとは思えない
2.モリハウジングの施工が悪かった
  ⇒施工不良箇所は見当たらず、施工が理由ではない
3.メーカーの材質の不良
  ⇒インターネットで調べると同様の不具合が出ているようです。
というわけで、メーカーさんから聞き取り調査をすることにしました。
メーカーのニ●ハさんは外壁材や屋根材を作るメーカーで、
トップシェアを誇る、大きな会社さんです。
状況を伝えると、早速営業マンが現場へ直行し、
現況の調査と対処を考えてくれることになりました。
■原因
冬季において、屋根表面に結露した水分が
基材に浸み込み、凍結融解を繰り返した結果、
基材を破損させてしまった
■対処
経年劣化ということで対処なし
…、、、開いた口がふさがりませんでした。
私たちの見解と、私たちの処置は明日です。
続く
+
楽しい家づくりの真実はここにあります。
完成見学会のご案内です。
「ヌクモリハウス」で温もろう
2月19日(土)、20日(日)
日立市久慈町で完成見学会を実施します。
+
2月19日(土)、20日(日)
水戸市文化センターで太陽光フェスタ開催です。
※招待状が必要です。参加を希望される方は
 事前に弊社スタッフまでお申込みください!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ