住宅づくりはスケジュールづくり|そろそろ来年の準備をはじめよう!

2015-11-06 08.22.42

おはようございます。昨日に引き続き今日も茨城県北茨城の現場は上棟工事中です。

+

そろそろ年末がジワジワと迫ってきました。
(正確には私たちが年末へ向かっているのでしょうけれど・・)
だんだんと年末恒例の作業がはじまっています。

年賀状、カレンダー、忘年会、そして、私の場合は手帳です。

ここ数年、シャチハタ『オピニ』というシリーズを使っています。

女性をターゲットに作られた手帳のようなのですが、ビジネスマンにも向いていると思います。
実は私は手帳にはこだわっており、毎年新作の手帳を本屋さんやインターネット通販で調べまくります。
10年ぐらい前までシステム手帳を使っていたのですが、あるセミナーで手帳の使い方を習い、そこから手帳のカスタマイズがはじまりました。

最初のうちはリフィルを自作していたのですが、システム手帳の中央のリングが邪魔だったことと、メーカーさんから頂いた手帳がすごく使いやすかったことから市販の手帳へと変わり・・・・。

で、行きついたのが「バーチカルカレンダー」。

私の場合極細ボールペン(0.28mm)を使うため、字が小さいのでバーチカルカレンダーのように記入欄が小さいカレンダーの方がむしろ良く、時間刻みのスケジュールを管理する仕事に向いています。
空いている時間と埋まっている時間がビジュアル的にわかるのも良いところです。

そしてオピニ。

罫線が細いため、私の極細ボールペンの字が見やすいのが一番!
通常の手帳は罫線が太いので、私のボールペンの字が見にくいのです。パッと見で理解したいので細い罫線は必須です。
また、土日の欄が大きいのも曜日関係なく仕事をしている私には必須。
そして、土日祝日がピンクで網掛けしてあるのも最高に良いのです。
というのも土日は打ち合わせが多いので、ピンクで網掛けしてあると土日というのが一瞬で認識できるんです。ピンクだと上から黒いボールペンで書いても見やすいし。

というわけで私はシャチハタの「オピニ」を使っています。

最適!というよりは他にないというのが理由です。

+

人それぞれスタイルが異なります。
手帳も人によって好みが異なると思います。
モレスキンも私にとっては全然ダメ出し、能率手帳も高橋の手帳も県民手帳もぜーんぶ見てみましたが私には「オピニ」が良いみたいです。

でも、この季節から本屋さんに並ぶ新作手帳。

浮気先を探して手帳の海を漂流する時期になりました。
特に「オピニ」は12/20スタートなので、発売が遅く、そこまではあちこちの手帳を調べて迷う楽しい期間。忙しい年末の慌ただしい時期。私の唯一の気分転換です。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ