家作りは家族作り

ゴールデンウィークですね。
家作りは家族作り。
ゆっくりとご家族でお過ごしください。
1212143.jpg
私には小学生の息子がいます。
子育てでもっとも気にしたのが家族という絆。
子供たちは当然ですが一人では生きていくことができません。
だからこそ、親に頼ります。
で、その親が不仲だったらどうでしょう?
頼るべき親が不仲で、ケンカばかりしていたら。
たとえば親がケンカして別れてしまったら、
子供はとても不安な気持ちになってしまいます。
良心が仲良く、別れる心配がなければ子供は安心できるのですね。
私の家族作りとはそんな事です。
子供がモノを投げます。
駄目と言っても投げます。
なぜ投げるのでしょうか?
私たちはモノを投げたら落ちることを知っています。
でも、子供たちは生まれたばかり。
生まれて初めてモノを落とすのです。
モノを投げてみると落ちる。
生まれて初めての経験ですから、面白くて仕方がない。
投げるものによって音が違うんです。
またこれが面白い!
だから投げます。
決して大人をからかっているのではないのです。
笑顔なのは投げる行為が楽しくって仕方がないのです。
だから、投げさせてあげます。
投げると壊れるものなら下にクッションを強いてあげます。
拾うのが大変ならたくさんの数を用意します。
子供たちの生まれてはじめての経験を楽しませてあげます。
それも家族作り。
こうした家族作りは連休の時間がある時ぐらいしかできません。
忙しい毎日の中で余裕を持って子供たちを見つめてあげる。
余裕を持って伴侶の良いところを見つけてあげる。
せっかくのゴールデンウィークです。
そんな家族作りをきちんとしてみませんか?

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ