ネットを駆け抜けたウソ|LEDと蛍光灯

2015-11-30 16.48.06

私のブログでも伝えました。

11月26日にYAHOOニュースが伝えたのが蛍光灯が生産中止になるという報道。
これに対して、一般社団法人日本照明工業会が否定記事を書いています。

最近、新聞、テレビ等で白熱電球や蛍光ランプが 2020 年をめどに実質製造禁止と なるという報道がなされ、各方面からのお問い合わせが殺到しておりますので、当工 業会が経済産業省に確認した内容をご説明致します。

エネルギー消費効率の高い製品の普及促進をめざし、製造事業者等に機器等のエネ ルギー消費効率の向上努力を求めているトップランナー制度に関して、照明製品を一 本化した新たなトップランナー制度の導入検討がこれから開始されますが、これは 2020 年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)の製造を禁止するものではないとの ご回答をいただきました。

トップランナー制度につきましては、まだ政府と製造事業者間の議論も始まってお らず、現時点で具体的な内容は一切決まっておりません。今後政府関係省庁とも連携、 協議し、お客様にご迷惑のかからないように推進して参りますので、ご理解の程よろ しくお願い申し上げます。

一般社団法人日本照明工業会

というわけで、モリハウジングのオフィスも急いでLED化する必要はなさそう。
オフィス照明で電球色があれば考える対策ですが、
まだまだ色温度の低い電球色は家庭用のみで、
事務用照明には対応されていません。

とは言え火のないところに煙は立ちませんから、
今後、白熱灯・蛍光灯が禁止になる可能性もあります。

LEDにも問題は山積み。

LEDの素子は長持ちしても、それを組み込む機器として考えたとき、
電気製品の寿命は10年かその前後。
本当にLEDの寿命に機器が着いていけるのか?

光の種類が目に害があるなどと言われていますが本当なのか?

将来的には照明器具の省エネルギー化は大切ですが、
量的に考えれば給湯エネルギーや暖房エネルギーの省エネ化の方が先?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

変動のありそうな業界、今後が目を離せません!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ