家づくりと樹脂とプラスチック

2016-02-02 11.57.20

茨城県日立市十王町で今日はお引渡しです!
感動できる一日になるよう、頑張ります!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングの今年のテーマは「素材と共に暮らす」です。

この「素材」ですが、日本の住宅で使われている特徴的な素材は「樹脂」です。
「樹脂」というとイメージしにくいので「プラスチック」と言い換えます。

プラスチックがどこに使われているか?

◇ 外壁
◇ 窓
◇ 断熱材
◇ 窓枠
◇ 内部ドア
◇ 外部ドア
◇ 床・・・・・・・・・

なぜこんなに樹脂が使われるのか?

理由は建築業化はクレーム産業だから。
樹脂は自然素材と違ってムラになりにくい。
安定した仕上がりを期待することができます。

特に日本の住宅業界は新築時ですべてが決まります。
古い家は汚れて当たり前という認識を持っていますから
新しい時「だけ」美しい樹脂はクレームのない部材です。

ところが欧米に行くと、古い家を大切にしています。
プラスチックは古くなると汚れ、壊れていきます。
木のように古くなってもオイル塗装で味わいを出せません。
塗り壁のように上から塗り重ねることもできません。

モリハウジングはこれからの日本の住宅は
古くなっても大切にされると考えていますし、
大切にすべきだと思っています。

だからプラスチックはこれからの日本の家には合わないと。

プラスチックは我々施工業者にとっては楽な部材です。
楽な部材というだけで、家としての部材としては適しないと思います。
特にシート印刷に使われたりする場合などダメですね。

だからモリハウジングは他社では敬遠する自然素材を使うのです。
ちなみに「わが社は自然素材を使っています」なんて会社も多いですが、
どの程度使っているか?はマチマチなんですけれどね。

+

今日は土曜日、打合せが多い一日。
じっくりとブログはまた次の機会に。

 

 

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

過去の投稿

このページの先頭へ