瓦カワラかわら、、かーら

まったく困った奴です、瓦。
モリハウジングでは、九州の瓦職人の力を借りて、
なんとかかんとかオーナー様を中心に屋根の復旧を
続けていることができています。
でも、まだまだシート屋根の住宅が少なくなく、
風が強く吹けばハラハラし、雨が降ればドキドキします。
あのお宅のシートは大丈夫かな?
あそこの住宅、雨漏りしていないかな?
モリハウジングでは屋根工事の真っ最中の住宅が
被災しており、そこは(大規模ということもあり)
まだまだ手つかずの状態。
人手の少なさにイライラしながら過ごしています。
20110614_6345354e3434.jpg
写真は解体の現場、土瓦です。
「日本の伝統」は和風住宅の瓦葺。
でも、瓦ばかりではなく、銅板葺きや
杮葺き(こけらぶき)や杉皮などがあり、
それ以前には萱葺(かやぶき)が一般的でした。
歴史を紐解けば、時代に応じて、技術に応じて、
その時代にあった屋根が採用されてきたようです。
例えば私の大好きな落語ですが、
古典落語と言っても、江戸時代には古典ではありません。
当時の言葉使いや流行の言い回しなどが盛り込まれているだけで、
しかもそれは江戸時代の言葉ばかりで、
室町時代や鎌倉時代の世俗は含まれていません。
何が言いたいのかと言うとですね、
つまり、伝統とか風習ではなく、
住宅の部材は日々変化していくものだということです。
私は常々メンテナンスの必要性の少ない瓦を
お客様に対しておすすめしてきました。
しかし、時代の変化と共に変わるものなのですね。
これからは別な素材をすすめていこうと思います。
日本人なら和風だよね、という気持ちもわかりますが、
そこに凝り固まらずに、常に先端を行く気持ちを持っていこうと思います。

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ