何も考えなくても家はできる。仕事としての家作り?

2016-02-17 08.55.14

茨城県常陸太田市で今日は地鎮祭!
良いお天気になりそうです、良かった!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨日、「コラテラル」という映画を見ました。

2004年(古い!)に作られたトムクルーズ主演の映画です。
珍しく悪役(殺し屋)のトムクルーズ(ヴィンセント)が、
冷酷に淡々と対象を殺していきます。
脅されて一緒に行動する羽目になった
とてもやさしいタクシー運転手のジェイミーフォックス(マックス)に対して、
こんな印象的なセリフを言います。

「これが仕事だ!マックス!」

家を作る仕事、物を売る仕事、農作物を作る仕事、
誰かを救う仕事、何かを守る仕事、誰かを裁く仕事、
仕事には様々な種類があります。

トムクルーズ演じるヴィンセントは、「仕事だから」と、
リストに載っている見ず知らずの相手を殺していきます。

殺し屋の仕事は「対象者を殺すこと」です。
それによって依頼人が喜び、報酬を手にすることができる。

私たちの仕事は?

「家を作る事」です。

でも、ただ単に「家を作る」ことではなく、
色々考えて、依頼人が快適に住む家を提案する事なんです。
何も考えなくても家ってできます。
モリハウジングが作る長期優良住宅はちょっと面倒ですが、
それでなければ単純な図面が数枚あれば良いですし、
住宅部材が様々なメーカーから発売されていますから
それらをつなぎ合わせれば、品質の高い住宅を作ることも可能です。

でも、私たちは違います。

デザインをお客様のために詰めます。
お客様の健康を考えた素材を使います。
快適に生活できるような性能にします。

それらについて真剣に考えて、結果を吟味し、
間取りや外観に落とし込んでいく。
コストを抑えるために家の高さや形状も工夫し、
社内で激論を繰り返し、自分たちで納得した家を提案する。

仕事に対する意識を考えます。

煮詰めて煮詰めて煮詰めても「家」
何も考えずにプラン集などから拾い上げるのも「家」。

私たちの人間力まで問われるのが家を作る仕事です。
そんな事を考えてしまった夜でした。

+

アマゾンプライムビデオに夢中です。

古めの映画が多いのですが、映画好きな僕には嬉しいサービス。
寝る間を惜しんでタブレットで映画を見ています。
寝不足はダメですが、良い気分転換になっています。

特に最近は休日返上が多いので、家でできる気分転換は大切。
サスペンスでハラハラしたり、ドラマでホロリとしたり、
映画三昧(というわけでもないですが)な夜を過ごす森です。

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿

このページの先頭へ