見学会へのご来場ありがとうございました。

2016-02-28-19.58

茨城県日立市水木町の見学会、大盛況でした。
今日からは予約制、まだ水曜日は予約受付中です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨日も見学会へのご来場ありがとうございました。

10台は停められる場所を準備していたのですが、
ほぼ満車状態、玄関の靴は溢れかえり、
当社スタッフもグルグル住宅の中を歩き回り
靴下が擦り切れるぐらいの忙しさでした。

本当に本当にありがとうございました。

説明の中で、住宅の価格の話しがありました。
いつもお話ししている内容ですが、
今日はこの、住宅の価格についてを改めてご説明します。

7万円の家賃のアパートに住んでいる方が、
同じぐらいの費用で住み替えを計画しているとします。

7万円/月の支払だと、だいたい2,500万円の融資が可能です。
(変動金利0.875% 35年間)

土地と建物だと2,500万円だとローコスト住宅でしょうかね。
私たちモリハウジングの住宅だとちょっと難しいです。
でも、ですね、下の表を見てみてください。

融資金額2,500万円4,000万円
毎月の返済額7万円11万円
光熱費2万円1万円
外壁の塗装コスト1万円0万円
実際に支払う金額の合計10万円12万円
結露あるほぼなし
家の中の温度差大きい小さい
アレルギー影響が大きい影響は小さい

ざっくりと書いています。
毎月の光熱費も雰囲気で書いています。偏見がありますがごめんなさい。

光熱費に関しては「我慢」がキーワードになると思います。
「我慢」すれば光熱費は抑えることができますからね。
お子さんが大きくなって、個室を使うことが多くなったら
きっと部屋にストーブを持ち込みますよね。
あるいはホットカーペットですか?
オイルヒーターなんて、電気代がとっても高いのをご存知ですか?

個室での生活が増えれば光熱費は跳ね上がります。
お子様の部屋へは誰が灯油を運ぶのでしょうか?
灯油は誰が買ってくるのでしょうか?

実は4月にはじまる電力の自由化を境に深夜電力費が上がります。
太陽光発電による電力買取を個人負担にする「賦課金」制度。
これも今後のエネルギー費用を高騰へと導きます。
誰もが賛成した「脱原発」が安い深夜電力を高騰させています。

こういった事を考えれば、安いからとローコスト住宅へと進むのは
ちょっとリスクが高いような気がします。

あなたはこの2万円の差、どう考えますか?

 

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ