映画のはなし

今、BSで映画「バットマン」シリーズが放送されています。
先日、第一作目の「バットマン」が放送されました。
バットマンと言えば私がもっとも映画を見ていた時代の作品。
音楽は80年代を代表するポップミュージシャン、プリンスです。
(私はプリンスはポップではなく、ファンクだと思うのですが、、、、)

20110621_654e35456.jpg

二作目のリターンズも三作目のフォーエバーも
録画予約してあって、見るのが楽しみなのですが、
今日は通勤の車で久しぶりにサントラを聞きながら来ました。
20年前の楽曲であることを感じさせない音作りが素晴らしい。
シンセサイザーやサンプリングされた音源を使う場合、
(機材の進化がありますから)時代と共に音が古臭く
感じてくるものなんですね。
しかし、プリンスはデジタルに多くを依存せず、
生音も取り入れて楽曲作りをしていたことも理由して、
これだけの月日が流れてもまだ、聞くに値する音楽だと思います。
最後のトラックの「BatDance」。
イントロの部分から血が湧き上がるような盛り上げ方、
最後のプリンスの絶叫の部分までノンストップアクション的な
ずっとグルーブが続く音は40歳の私でも受け入れられます。
ジャズやブルースといったテイストが多く取り入れられているから
なのでしょうね。
ちなみに、、、、、BatDanceはタモリ倶楽部の「空耳アワー」でも
有名なフレーズを収録してあります。
そちらは内緒、直接お会いした時にでもご紹介しますね。
+
それにしても80年代は映画も音楽もかっこいい~。

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ