換気という大切な装置

20160421

茨城県常陸太田市ではこれから上棟工事です。気合を入れて頑張ります!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングの住宅には全棟、換気の装置が取り付けられています。

換気装置の話し、対応はお客様によって様々です。

「そんなの必要ない」
「高気密住宅だからでしょ!普通の家には必要ない」
「花粉症だし、あったら嬉しい」

そう、日本の本来の住宅であれば必要ないのです。

日本本来の住宅であれば。

換気装置は建築基準法で義務化されています。

改正建築基準法(PDF)・・国土交通省
(リンクを開くのに時間がかかります)

換気装置の義務化は別名「シックハウス法」と呼ばれ、
換気装置だけでなく、使用部材の制限もされています。
例えば悪の権化のように言われますが、ビニールクロスに関しては
使用する糊の成分を明示しています。
また、この法律からシロアリに対する殺虫剤の耐久年数は
10年⇒5年へと大幅に短くなってしまいます。

この法律において、換気装置を取り付けなくて良いのが、伝統工法などで建築された住宅。
隙間風がとても多く、換気装置以外の換気が期待できる住宅です。
住宅の隙間風は、隙間相当面積(C値)によって表現されます。

関東地方において高気密住宅と呼ばれるものは以下の数値。

隙間相当面積C=5.0cm2/m2
(床1m2あたり、壁の隙間が5cm2程度)

一般的な住宅の隙間相当面積ですが、

C=8.0cm2/2~10.0cm2/m2程度でしょうか?
一般的な住宅は幅が広く、定義するのがとても難しいです。

ちなみに、換気装置の必要ないのは
隙間相当面積C=15.0cm2/m2以上。

風が吹くと木製の窓(アルミサッシではなく)がガタガタ言うレベル。
隙間風が冷たく、暖房をつけても効き目が低いような住宅です。
今の新築住宅でそんな住宅を求める方は稀有。
そんな家を建築したら間違いなく施主様から叱られますって!

であれば換気装置は必須となりますよね。

でも、換気装置もいろいろあって、ただ付けるだけでは寒くなってしまいます。

というわけで、今日は時間がなくなってしまいました。続きはまた明日!

■■■■■■■■■■■■スタッフ募集■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングはスタッフ募集です!

モリハウジングでは現在、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
私たちスタッフと一緒に働きませんか?

スタッフ募集ページ

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

過去の投稿

このページの先頭へ