モリハウジングなコンピュータの使い方2

20160611u873543

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングではデータを共有しています。
スタッフは個人でデータをほとんど持たず、サーバに置いています。

このデータを管理するのが「WindowsServer2012Essensial」

最初は一般的なNASを使っていました。
ちなみにNASとはこんな機器です。

NAS(NetworkAreaServer)

1万円台からあり、速度も速いし扱いも簡単!
モリハウジングも最初はこれを使用していました。

2年ほど前にこちらを購入しました。

NOWing Server

サーバーもNASも以下の写真のようにシームレスに共有データを利用できます。

20160611e8431354
クリックして拡大

データの共有に加え、「WindowsServer2012Essensial」では、
そこにつながっているコンピュータ(モリハウジングの場合はスタッフが
使っているコンピュータ、クライアントコンピュータとも言います)の
バックアップを自動的にとってくれるという機能。

さらに、共有フォルダも自動的にバックアップをとってくれています。
お客様のデータや図面データなど、大きな財産となっていますから、
出来る限りの何重にもわたるバックアップはとるのですが、
「WindowsServer2012Essensial」はそのうちの一つのバックアップをしてくれます。

古い鉄筋コンクリートのビルを改装して使っている事務所、
LANケーブルもあっちへこっちへと這っています。
ハブやケーブルなどの接続でボトルネックを作らなければ
ローカルディスクに引けをとらない速度で使えます。

でも最初の設定はとにかく大変。
ポートに穴を開けるのも苦労をしましたが、
VPNという機能を使えば社外で、iPadやスマホ、
もちろんノートパソコンでもインターネット環境さえあれば
社内のネットワークに接続して、リモートで端末を扱ったり、
共有フォルダのデータを引き出したりすることができます。

+

コンピュータ歴は、私が20歳の頃から使いだしたので25年目。
インターネットに接続しないで利用する、スタンドアローンから始まり、
ネットワークにつなぎ、常時接続になり、Wi-Fiが出てきました。

そんな中でコンピュータとの向い合い方が25年前と同じわけがないのですが、
まだまだ一台のコンピュータの中ですべて完結する、パソコン的な使い方が一般的です。
あと10年もすれば、端末を選ばずに自分自身のコンピュータ環境を作れる
シンクライアントが一般的になるはずです。

長くなるのでまた今度。

え?誰も読んでいない?

いいんです(笑)。10年後に自分が読むために書いているんですからね!

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿

このページの先頭へ