気密なんて必要ない!ですって??

2016-09-28-11-50-41-2

茨城県日立市でご依頼いただいた注文住宅は週末から漆喰工事。
真っ白のモリハウジングの家が完成するよう頑張ります!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨晩あたりから冷え込むようになってきましたねーー。
モリハウジングでもついにストーブを出しました。
ここからモリハウジングの家の実力発揮!暖かいですよ~。

こんな時代でもまだまだ「住宅に気密は必要ない」なんて
思われる方も少ないと思いますが、今日はそんな話し。

今日は防寒具についてです。

先日、映画を見ました。「運命を分けたザイル」という映画です。
冬山で遭難した二人の男性の話しでした。
2人はナイロンのジャケットやダウンジャケットに身を包みます。
色鮮やかなナイロンジャケットはオシャレなだけでなく、
風を通さない、水も通さないという雪山では必須アイテムです。

「気密のない住宅」に「羊毛」の断熱材。
なんて聞くと、自然素材のように感じます。
「羊毛」の断熱材は調湿作用もありますから、
万が一の結露の時にも安心です。

でも、この「気密のない住宅」「羊毛」は
冬の寒風の中、セーターを着ているのと同じこと。
ざっくりとしたセーターは暖かいかもしれませんが、
風が吹けばセーターの中の暖気は吹き飛びます。
だからセーターの上にウインドブレーカーを着るのですね。

高性能のエアコン、環境にやさしい温水暖房、床暖房、
空調はどんどん性能が高くなります。
これはホッカイロだと考えてください。
裸にホッカイロの方はいませんよね。まずは服装です。

お布団は干していますか?
そんなお布団が家の壁の中に入っているのが充填断熱。
家の中の湿気がお布団に染み入っていませんか?
ここでは本来は防湿が必要なのですが、
そのビニールシートを張り巡らせるから気密が高まるのです。

とにもかくにも気密はもっとも大切なのですね。

ところがその気密を高められる住宅づくりをできる会社が少ない。
だから、なかなか日本では気密を義務化できないのが背景です。
気密を高められない住宅会社であっても大切な国民の意見=世論ですから。
法律は国民の意見で選ばれた議員さんで作られるわけです。

このご時世に「気密は必要ない」なんて誰も言いませんよね。

ですが、もし、そういった考えをお持ちの方は立派です。
たぶん冬に寒くても暖房は使わないんでしょう。
エネルギーの無駄遣いはしないんでしょうね。

気密を高められない住宅づくりの会社があるから、
大切な気密を義務化できないのが日本の住宅づくり。
どうでしょうか?ちょっとおかしいとは思いませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■スタッフ募集■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

エントリーシートから応募できます。
我こそは!という方はぜひ、モリハウジングまで

茨城県日立市を中心にデザインと性能と素材にこだわった家を建てているモリハウジングのスタッフ募集


モリハウジングでは現在、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
私たちスタッフと一緒に働きませんか?

スタッフ募集ページ

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

過去の投稿

このページの先頭へ