【快適】性能を表現するのは数値!

20161024_354354321233w434e3543

茨城県日立市小木津町でご依頼の注文住宅は工事中!
玄関の木製ドアが付きました。これから塗装頑張ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

住宅の性能を表現するのはとても難しいです。

「冬は暖かく、夏は涼しいですよ」

「四季を通じて快適です」

「断熱材が◯◯mm入っています」

表現の方法はたくさんありますよね。

でもどれも曖昧なのはなぜでしょうか?

それは住宅には基準となる指標が少ない!からなのです。

『平成28年度基準』という一つの指標はあるのにはあるのですが
性能としては、それほど高いものではない=難しいものではないんです。
『平成28年度基準』は最低基準で、いかにそれを上回るか?が重要で
でも実質的には『平成28年度基準』は目標値のようになってしまっているんです。

性能をきちんと理解してもらうためには「燃費」が必要で
だからモリハウジングは燃費計算ができるように
エネルギーパスエージェントの資格をとったのです。

「燃費」が重要というわけではありません。

「快適」「暖かい」「断熱材の厚み」といった表現ではなく、
断熱気密性能を性能値という数値で表現することが大切なのです。

行政ではこの数値を『BELLS』という規格で統一しようとしています。
数か月前にモリハウジングで『BELLS』を取得したのですが、
発行機関の第一号だったようで、相当難航しました。
『BELLS』を当然のように取得する、燃費を当然のように計算する
気密は当たり前に確保する、性能値ってそういうものだと思います。

ちなみに断熱性能をはかるUA値ですが、断熱性能のみです。
例えば気密は計算に反映されません。
だから隙間だらけでも断熱材が厚ければそれで良いんです。

例えば風を通す断熱材=ざっくりしたセーター。
気密の高い断熱材=中綿の入ったウインドブレーカー。

どっちが暖かいと思いますか?

計算上はセーターの方が暖かかったとしても、
ビュービュー風のある日には私は上着をきないセーターは選びませんね~。

■■■■■■■■■■■■■■■■■住宅見学会■■■■■■■■■■■■■■■■■

10月29日(土)~30日(日)
10:00~18:00(予約制)
茨城県ひたちなか市西光地3丁目
⇒ご予約はこちらから<予約ページ>

予約はウエブサイトから簡単にすることができます。お気軽にご予約ください。
完成見学会@ひたちなか市西光地

2016102930event

詳細はホームページにて!

■■■■■■■■■■■■■■■■■スタッフ募集■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

エントリーシートから応募できます。
我こそは!という方はぜひ、モリハウジングまで

茨城県日立市を中心にデザインと性能と素材にこだわった家を建てているモリハウジングのスタッフ募集


モリハウジングでは現在、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
私たちスタッフと一緒に働きませんか?

スタッフ募集ページ

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿

このページの先頭へ