【UA値】性能を計算して比較【Q値】

2016-10-27-09-21-04-2

茨城県ひたちなか市西光地の注文住宅の見学会は今週末。
後悔させません!ぜひ、ご予約を~~!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

家作りの性能をはかる値としてUA値というものがあります。
平成25年まではQ値というものを使っていました。
今日はUA値とQ値の違いを考えてみました。

UA値とQ値は住宅の断熱性能をあらわす数値です。
この二つに必要なのが貫流熱損失というもの。
どちらも貫流熱損失を計算することに違いはありません。

違いはUA値が外壁1㎡当たりの性能、Q値は床面積1㎡当たりの性能ということ。

なぜQ値からUA値に変わったのか?
床面積の大きな家と小さな家での性能の差、ちょっと比較してましょう。

模式的に計算をしてみます。
すべての数値が便宜上ですので、ご理解ください。
ケースAが小さな家、ケースBが大きな家です。
どちらも壁や床、天井の断熱仕様は一緒です。

ケースA(小さな住宅)

mx-3140fn_20161027_091502_003
Q値とUA値をそれぞれ計算してみました。
本来であれば換気の熱損失なども検討します。

ケースB(大きな住宅)

mx-3140fn_20161027_091502_002

比較

mx-3140fn_20161027_091502_001
Q値、UA値ともに大きな家の方が性能が高くなります。

Q値に関して言えば60%以上も差が出てしまっています。
家が大きい方がQ値は特になるのは、床面積で割っているから。
Q値計算の場合は分母が床面積なんです。
UA値は外皮(壁や床、天井)面積なので、
より正確な性能が計算できるのはこっちなんです。

貫流熱損失はU値と外皮面積の積、だからこそ外皮面積で除すると
その平均値が計算できるというわけです。
つまり、UA値というのは外部に接する部分(外皮)の平均的な性能なのですね。

ただし、一般の方が自宅に必要な暖房のエネルギーを計算するにはQ値の方が適している。
だってQ値に自宅の床面積を掛ければ必要エネルギーが算出できますからね。
自宅の床面積を知っている人は多いですが、外皮面積を知っている人はほとんどいません。

自宅のエアコンの容量を計算する時はQ値はとても簡単!なんですね~。
(でも、UA値と比べれば曖昧なんですけれどね)

住宅の性能値を理解するのはとても難しいです。
モリハウジングでは住宅の性能値をもっとわかりやすい数値、
エネルギーパスという燃費で算出できます。

今後はUA値(長期優良住宅はUA値で判定されます)の算出はもちろんですが、
エネルギーパスやBELLS(国交省による燃費算定)など、
わかりやすい性能値が求められる時代になっていきます。

当然、性能の高い住宅を作る技術を持っていなければ
今後、求められる家作りができないとも言えます。
もっともっと性能を高められるよう、これからも頑張ります!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■住宅見学会■■■■■■■■■■■■■■■■■

10月29日(土)~30日(日)
10:00~18:00(予約制)
茨城県ひたちなか市西光地3丁目
⇒ご予約はこちらから<予約ページ>

予約はウエブサイトから簡単にすることができます。お気軽にご予約ください。
完成見学会@ひたちなか市西光地

2016102930event

詳細はホームページにて!

■■■■■■■■■■■■■■■■■スタッフ募集■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

エントリーシートから応募できます。
我こそは!という方はぜひ、モリハウジングまで

茨城県日立市を中心にデザインと性能と素材にこだわった家を建てているモリハウジングのスタッフ募集


モリハウジングでは現在、一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。
私たちスタッフと一緒に働きませんか?

スタッフ募集ページ

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

過去の投稿

このページの先頭へ