お雛祭りとテレビ台

茨城県日立市川尻町にて注文住宅のご提案依頼をいただきました。
ご期待に添えるよう、頑張ります!

+

今日は雛祭りですね。
女の子のいる家庭ではお雛様を飾ったりしていることと思います。
森の家は男の子なので、あまり縁はないのですが・・・。

住宅のプランニングで悩まされるのが雛人形、鎧兜、破魔弓羽子板。

正直、私はこれらのものにあまり興味がなく、
息子が二人いますが、破魔弓も鎧兜も持っていません。

ですが、お持ちのお客様も少なくなく、
子供達の守り神として家のどこかに配置したい方もいらっしゃいます。

今までの経験上、面白い提案もしてきたので
お悩みの方はお気軽にご相談いただければありがたいのですが、
一年のうちたった2、3週間しか飾らないのであれば
また、子供達の成長の守り神(破魔弓・羽子板)は
成人したり、成長したら外してしまうと思えば
それほどきちんと場所をとらなくても良いのかな〜なんて思います。

モリハウジングのテレビ台は大きめです。
テレビ台として利用する以外に、ベンチにもなるように、
クリスマスツリーを置けるように、観葉植物を置けるように、
雑貨を飾れるように、収納として、オーナー様の工夫で
様々な使い方ができるように考えています。;

例えばここはこういった季節のものを飾る場所にちょうど良いのですね。
多くの場合テレビ台はリビングの家族が見える場所にありますから、
破魔弓・羽子板も飾るのにちょうど良い場所となります。

おじいちゃんやおばあちゃんが購入してくれたり、
先祖代々続くお雛様をお持ちの方は、年に一度の晴れ舞台です。
ぜひ、モリハウジングの家の大きなテレビ台をご活用ください!

サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去の投稿

このページの先頭へ