春の嵐と

茨城県那珂郡東海村でご依頼いただいた注文住宅は断熱工事です。
暖かい家にするために、丁寧な作業が続きます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨晩は吹き荒れましたね~。
平和通りの桜はだいぶ散り散りになってしまいました・・・。

オーナー様で窓にヒビが入ってしまったお客様がいらっしゃいますが、
皆様のお宅はいかがでしたでしょうか?

よく台風が心配だから「シャッター」を。とのお声を頂きます。

もちろんシャッターを付けておけば台風の風で心配が減ります。

とは言え、台風で木の枝が飛んでくるなんてこと、ありますか?
トタンの屋根が飛んできたり、近くのお店の看板が飛んできたり、
昔話ならありえますが、現代ではそうそうないですよね。

また、台風の時にタイミングよくシャッターを下ろしていますかね?
台風は夜だけでなく昼間に来ることもありますし、
急に進路を変えることだって珍しくありません。
昨晩のように急に常磐線が運転を見合わせるような強風があることも。

さらに。

旅行に行くときはどうしますか?
シャッターを締めていったのなら昼夜問わずシャッターは締まっていますから
不在をアピールしているようなものです。
シャッターを開けていったのならそれこそ意味がありません。

また、シャッターの防犯性能は必ずしも高くなく、
実際には「CP」仕様など、高価なシャッターでなければ
泥棒は数秒で開けてしまうことが可能だというデータもあります。

シャッターが付いていても・・・。

タイミングよく締められなければ台風の時に効果はでません。
防犯上、不在をアピールしてしまうので意味がありません。

そんな理由から私はシャッターは否定派です。

シャッターを付ける予算でエアコンをアップグレードするとか、
造作家具に扉を追加するとか、ドアや引き戸を木製にするとか。
私はそういったご予算の使い方をおすすめしたいです。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ