あずまや

今日はアパート改修工事の近隣へのご挨拶でした。
あいにくのお天気の中、ウロウロしていたのですが、
こーんなものを見つけてパチリ。
雨の中ですが、興味の先は建築物です。
20100324_00003ltyuio.jpg
あずまや、、、ですね。
いや、珍しいものではなく、雨宿りにしていたのです。
ですが、こうやって改めてジーっと見ていると
あることに気がついたのです。
IMGP1134.jpg
ここってどうやって組み込んだんだろう?
ね、不思議だと思いませんか?
だって、すべて組んでしまうまで、一番高いところは
誰かが支えていなければならないんですよ。
お恥ずかしい話しですが、どうやって組んだのかわかりません。
明日になったら大工さんに聞いてみよう!と思います。
古い時代の建築物にはどうやって組んだんだろう?
ってことがたくさんあります。
以前、石塚がブログに書いていました(←クリック!)が、
僕たちの先輩は色々な技術を持っていたんです。
現代は機械が加工してくれたり、そもそも必要がなかったり、
大工の技術を磨く場がどんどんと減っています。
伝統技術を継承したい、という思いはあるのですが、
どうも僕の好きな住宅というのは伝統技術を
生かせる雰囲気ではないようで…。
伝統技術の継承も大切なことですが、
居心地のいい空間を生み出すセンスも必要です。
技術を磨く場を得るよりも、お客様が居心地がいいと
感じる場を得ることに専念していきますね♪
–!–*_*–!–*_*–!–*_*–!–*_*–!–*_*–!–*_*–!–*_*–!–*_*–!–
3月のナチュリアは北茨城と日立で開催です。
3/27(sut) 北茨城ふれあいセンター 11:00–16:00 WoodShelf
3/28(sun) モリハウジングオフィス 13:00–16:00 WireCraft

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ