現場打合せ

茨城県高萩市でご依頼の注文住宅にて現場打合せでした。
細かくお決め頂きありがとうございました!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今日は現場でのお打合せでした。

着工前のお打合せはもちろん大切ですが、
完成してしまうと変更することはできません。
というわけで、着工中のお打合せは重要。
お客様の見る目が違います。

特に・・・・というわけでもないのですが、
工事中の現場はまさに『工事中』です。

完成形を見れば納得できるのですが、
作りかけのものを見ると、不完全に見えてしまう。
お客様は不備だと思ってご指摘くださるのですが、
それは作成中の状態だから仕方ない・・・・という時もあれば
確かにお客様のおっしゃるように不備だという時もあります。

この辺はいつも悩みます。
お客様が言われているのは「不備」なのか「完成形が見えていないのか」。

言葉の限りで説明を差し上げて、必要ならスケッチを書いて、
多く場合は解決するのですが、時々はお客様の勘違いで
不必要にやり直し工事になる事もあったり。

線引き、というか判断がなかなか難しいところです。

+

ただ、お客様からすれば一生に一度の大きな決断です。
やはり入念にチェックを重ねたいと思うのは当然。
もしそれがお客様の勘違いであったとしても、
どんどんとご質問やご指摘をなさってください。

どういったことに不安を感じているのか?
どういったことを疑問に感じているのか?

そんなこともきちんとお伝えいただければ
お互いに意思の疎通が図れ、より完成形がよくなるはずです。

着工後の打合せは目の前に現物があるのでやりやすい一方で、
決定時期が迫っているという焦りもあります。
どちらにしても難しいのですが、
私たちモリハウジングのスタッフはお客様がより感動してくれる住宅にするため今日も頑張っています!!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ