モリハウジングの動線計画『ママ動線』

茨城県高萩市でご依頼いただいた注文住宅も仕上げ工程へ。
仕上がりを左右する作業ですからね!頑張ろう!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングの間取りプランは設計の山形が作っています。
山形は家に帰ると三人の子供たちのママ。
毎日仕事に家事に慌ただしい毎日を送っています。

そんな山形が考えるのは「家事動線」です。

理論ではありません。実践です。
毎日の家事を経験している山形は、当然自分自身が使いやすい間取りを作ります。

モリハウジングの間取りにはいくつかの特徴がありますが、
すべて山形の日常の不満から生まれてきたものなので、
世の中の働く女性に、そして専業主婦の女性に喜ばれるものになっています。

配置や道路付けによって間取りは大きく変わります。
もちろん家族構成やライフスタイルでも変化します。
絶対にとれるわけではないのですが、あったら便利なのが「ママ動線」。

買い物して荷物一杯で帰ってくることもあります。
運動会などでお弁当箱を山盛り持って出かける事もあります。

台所(パントリー)と玄関は近い方が良いんです。

よく、家相では南東にキッチンがあった方が良いと言いますが、
私は玄関の近くにキッチンがあった方が良いと思います。
家族の家事のストレスが減ることで、家族に笑顔が生まれますからね。

モリハウジングの家事動線。

主婦が自ら作る家事動線は絶対にストレスが少ない。
私はそう信じています。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ