上棟祭

茨城県高萩市安良川でご依頼いただいた注文住宅は今日、上棟祭でした。
これから完成まで気合を入れて頑張ります!!

+

すっごーくお天気の良い一日でしたが、風が冷たかった!
でも、最高に気持ちの良いお天気の中で上棟祭ができました。よかった。

そもそも上棟式というセレモニーがあり、モリハウジングの上棟祭は
その上棟式を施主様との楽しいイベントとして開催しています。

その昔、クレーンもなかった時代、上棟=棟上げという工事は
重たい梁や桁を柱の上に持ち上げる作業でした。
古い日本家屋をイメージすると、太い丸太が複雑に絡み合っていますよね。
あの太い丸太を人力で持ち上げて組んでいくのですから大変です。

一番高いところに棟を乗せた時の達成感は大きいと思います。

たくさんの人、近所の人や職人さん、親戚などの力を借りて
大きな部材をどんどん組んでいくのは大変だった思います。
今のような足場もない時代ですから、落下して怪我をしてしまったり、
大きな部材が倒れて挟まれてしまうこともあったでしょう。
最後の大きな部材が「棟」ですから、これを上げてみんなで喜んだのが上棟なのですね。

クレーンが住宅工事に使われるようになってから上棟の意味は変わったと思います。

というわけで、モリハウジング的な解釈での上棟祭、楽しんでいます。
みんなで最後にお餅を分けたりして、それもまた楽しい出来事。

時代の変化と共にきちんと住まいづくりも変化をしていく。
モリハウジングの住まいづくりです。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ