住宅におけるC値とは気密性能のことなのだ

茨城県日立市で建築中のスタッフの住宅も仕上げ工事中。
スタッフ邸だからこそ、しっかりと仕上げ工程を頑張ります。

+

モリハウジングの住宅は気密が高いのが自慢です。

高気密住宅は「C値」という実測値で表します。
「C値」は床面積当たりの隙間となります。
床面積当たり、なので、大きな家も小さな家も関係ありません。
しいて言うなら床面積が大きく、外壁面積の小さい家が有利になります。

ここから高気密住宅の定義です。

C値 ⇒ 5.0cm2/m2以下(本州以西)
C値 ⇒ 2.0cm2/m2以下(北海道)

北海道は厳しい数字になりますが、東北も含めた本州より西は
5.0cm2/m2以下を高気密住宅と定義しています。

c値は床面積当たりの隙間なので、小さければ小さいほど優秀です。

モリハウジングも高気密住宅ですが、

C値 ⇒ 0.2cm2/m2

程度が標準的な数値となります。
気密性能を落とす原因となる、引き違い窓を多用したり、
スキップフロアや屋根形状を特殊にした場合でも、

C値 ⇒ 0.5cm2/m2

より、大きな隙間になった事はありません!

北海道の定義よりもずっと隙間の小さい住宅になっているんです。

大工さんも隙間を小さくすることを目標にしているので、
どんどん工夫して隙間を小さくしていっています。

ちなみに職人さん、大工さんって家を作る中で数字的な目標ってあまりないんです。
気密性能は自分たちの工事の正確さが数字で表れるので、モチベーションにつながっています。
モリハウジングは全棟気密試験を行っていますが、住宅の性能を確認することと、
加えて職人さんのモチベーションを高める目的があるんです。

気密なんて必要ない

って意見も時々聞きます。
「冬は寒くて当たり前、夏は暑いのが気持ちいい」
自然の中で生きるのが大切だ!




えぇ、同感です。私もそう思います。




暖房や冷房をつけないのなら、気密はなくても良いように思います。

寒い冬、暑い夏、冷暖房が必要ないのであれば気密も断熱もいりませんよ。
でも、冷暖房を使うのであれば、世界の環境も考えてください。

少ないエネルギーを気密断熱を高めた家の中で大切に使うことが大切。
温室効果ガスや異常気象を憂いるのであれば気密断熱をしっかりとしたいです。
原子力発電所の再稼働を反対するのであれば気密断熱の低い家の中で
冷暖房をつけることがいかに矛盾しているのか理解してほしいです。

私たちモリハウジングは住宅を建てているだけでなく、
地球という星の環境も大切に考えている会社です。

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

  電 話  お問合せ