無垢の木材の床材を選ぶこと

おはようございます。モリハウジングの森です。
無垢の床材って憧れますよね。
20100901_846546543.jpg
これ、何の木だかわかりますか?
もっと無垢の床材を使いましょう!
無垢の木材ですから、使いにくい部分はあります。
変形したり、縮んだり、伸びたり、変色したり。
でも、そういうものです、木って。
合板(ベニヤ)の床材は変形しません。
縮んだり、伸びたり、変色(はちょっとありますが)しません。
だから、○○ホームも△△ハウジングも合板を使っています。
でも、そういうものなんです、木って。
だって、つい最近まで生きていたんですよ。
毎日成長をし続けていたものなんです。
中にはたくさんの導管(水を通す管)があり、
その中にはたっぷりと水が通っていたんです。
切った直後に成長が止まるわけではありません。
切った直後に中の水分が抜けるわけでもありません。
だから変形したり、伸びたり縮んだりするんです。
でも、導管があるから吸放湿するんです。
だから、湿度が一定に保てるし、断熱性能が高いんです。
そして、だから健康に暮らすことが可能になるんです。
変形すること、伸びること、縮むこと、変色すること、床鳴りすること。
これと、健康的に生活できる空間と、どちらを選びますか?
僕なら無垢の木材を選びます。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ