今日は東京へ行ってきます。

昨日、フジエダは東京で研修会、石塚はつくばでセミナーでした。
今年10月1日以降にお引き渡しになる物件については
瑕疵保険への加入が義務化されます。
また、今年6月には「長期優良住宅」という、住宅に対する
ランク付けが開始されます。
瑕疵保険への加入はお引渡し後の住宅のトラブルを低減するため、
長期優良住宅は中古住宅の価値を高めるためと、
いずれにしても消費者保護を目的としています。
ただ、住宅業界にとってはあまりにも急で、準備すらままなりません。
(6月施行予定なのに、詳細にはまだ不確定な部分がありますしね!)
錯乱した情報や、古い情報、新しい情報に惑わされないようにと、
あちらこちらで勉強会やセミナーなどが実施されています。
PS_w_20090403_2747.jpg
実は、この長期優良住宅ですが、モリハウジングは簡単にクリアできそうです。
大手ハウスメーカーの中にも性能が追いつかずに困惑している会社も
あるようなのですが、なんと!僕たちはクリアできてしまいそうなのです。
今日の東京のセミナーは今までの不確実な情報をある程度確定できそうなもの。
なので、ちょっと気合を入れて頑張ってきます!
というわけで、今日の予定だったメールマガジンは少し発行を遅らせます。
今、出回っている情報とちょっと違う新情報をお知らせできるかもしれませんよ。
では、行ってきます!
そうそう、長期優良住宅にはこんなメリットもあります。
「優良住宅」のローン金利優遇を20年に延長 政府・与党方針
3,000万円を借りた場合、20年で150万円以上が優遇されます。
(フラット35を利用したことが前提となります)
色々な意味でお得な長期優良住宅を見逃さないように!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ