お天気のいい休日

秋から冬の寒さは体にこたえます。
でも、その代償とでも言うのでしょうか、
この季節の空の美しさは本当にすばらしいです。
Silky_091127_IMG_0378.jpg
息子たちを連れて、大みかの灯台のある公園、
小坊地公園へ行ってきました。
写真左側にちらりと見えるピンクのオブジェはタコの滑り台です。
僕が子供のころ、この公園の向かいに「あぶらや」という
レストランがあり、そこで注文した品が出てくるまでの間、
この公園で遊び、食後にまた公園で遊んだ…記憶があります。
「あぶらや」さんは建物はまだ残っていますが、
今は思い出だけが残るだけとなってしまいましたねー。
この公園にはタコの滑り台とちっちゃな鉄のパイプの遊具、
ブランコがあるだけで、他は何もないんです。
起伏のある芝生があるだけなんですよねー。
でも、子供たちはその起伏に登って紙飛行機を飛ばし、
私と追いかけっこをして走り回って、
滑り台(案外と勾配は急ですよ!)から滑り落ちたり、
木に登り、海を眺め、自分たちで遊びを生み出しながら
あちらへこちらへと駆け回っていました。
今年もあと一ヶ月、僕たちの業界は忙しくなる時期です。
家族も大切にしつつ、仕事も楽しめるように頑張ります!
*
そうそう、昨日すごく素敵な出会いがあったんです。
そのお話しは後日書きますけれど、住まいを作る仕事は
「家」という商品を「売る」というよりは、
生活に密着して、住まい方を提案する仕事だと思うんです。
だから、住まいづくりと違うように見える世界であっても
僕たちからすればぴったりとくっついていたりします。
「住まい」は「ドア」や「窓」はもちろんですが、
「カーテン」や「家具」ももちろんそうなんですけれど、
「食器」も「テーブルクロス」も「食事」も「料理」も
「家計」も「お金」も「生命保険」だって「火災保険」も
とにかく生活に関することはすべてが関連しています。
出会う人、その職業や職種すべてが関連してくるって
本当に僕たちの仕事って相互関係の中心にあるんだなーって
そう思うんですよねー。
「住宅建築」ってすごい仕事だなーって思います。
また背筋をピンと伸ばして頑張るぞって気持ちになります。
■■■■■クリスマスリースを作りませんか?■■■■■
ナチュラルインテリアクラフト第四弾!となりました。
今回はクリスマス直前にして、手作りリースのクラフトです。
グルーガンを使ってクリスマスリースの体験をして頂きます。
材料の準備の都合がありますので、先着5組様に限ります。
ご予約いただければ部材をご用意しておきますが、
当日ご参加の方はお早めにご参加ください。
12月9日(水)午前10時頃~午後1時頃まで
■■■■■住んで一ヶ月の見学会■■■■■
完成直後の完成見学会ではなく、引越し後一ヶ月経ってからの
見学会を開催いたします。あまり見ることができませんから、
ぜひぜひ足を運んでください。
オーナー様が住んでいる住宅を見学することになりますから、
防犯上の心配もあるので、完全予約制とさせていただいています。
参加希望の方はメールでご連絡ください。
こちらから招待状をお送りいたします。
住んで一ヶ月見学会(予約制となります)
  12月5日(~19:00頃)
  12月6日(~17:00頃)
  ひたちなか市松戸町にて
完全予約制の場合、予約で埋まることはほとんどないので、
直前でもご確認のメールを頂戴できればご対応させていただきます。
ぜひぜひご参加希望のメールにてご連絡くださいね。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ