カマクラのドイツ住宅

神奈川の鎌倉にドイツ型の住宅があります。
数十センチの壁の中身は断熱材で、屋根も数十センチ。
ドイツで住宅を学んだ、「森 みわ」さんの住まいです。
PScs4_w_20091218_2708.jpg
まだまだ高気密住宅に抵抗のある施主様も少なくありません。
「息が苦しいんでしょ」
「窓を開けてはダメなんでしょ」
「鼻血が出るって聞きました」
高断熱住宅をよくご存じない方もいらっしゃいます。
「不健康になるんでしょ」
「工事費が倍になるって聞きました」
今後、確実に原油の日本に対する割り当て分は減るでしょう。
その時になれば低エネルギー住宅の必要性がわかるのですが、
今はまだ先の話しですから、まだ実感がないと思います。
確実にドイツのような超高断熱住宅が必要になります。
来年も今年同様、モリハウジングであり続けるために突っ走ります!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ