木材市場の展示会

DPP_20080414_3124.jpg
水戸の木材市場の展示会へ行ってきました。
いつもは材木が整然と並ぶ、木材市場。
年に二回ほど、展示会を開きます。
木材市場の展示会というと、皆さんは上の写真のようなイメージではないでしょうか。
実は、ここはほとんど誰も通らない裏側、ひっそりとした場所なんです。
メインに展示されているのはシステムキッチンやユニットバスなどの住宅設備機器類。
それから建材ドアや合板フローリングなど、住宅部材がほとんどです。
昔から市場の展示会は(たぶん)利益の大きい設備機器がほとんどで、
本来メインのはずの木材は片隅に追いやられてきていたようです。
システムキッチンやユニットバスはショールームで見ることができます。
でも、こういった杉の厚みのある原版なんてあまり見ることができませんよね。
こういった杉の板を加工して書斎のカウンターにするなんて素敵だと思いませんか?
DPP_20080414_3129.jpg
こんな木材をお客様にご提案できればなんとも楽しいのに!
というわけで、私と木材市場の展示場へ行くと、こうした木材をじっくりとお見せいたします。
この写真、価格が付いていますけれど見えますか?
この杉の板、一枚数万円です。加工費を含めても十万円以下で済みます。
家具屋さんでお気に入りのテーブルを購入するのも良いですけれど、
木材市場で原産地までこだわった、自分で気に入った板を使った
カウンターでも購入してみませんか?
今までしたどんな買い物とも違う楽しさを味わえますよ!!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ