大工さんの道具~イエづくりの大切な作業

モリハウジングのウエブサイトに今月から新しいコンテンツが加わりました。
フジエダの現場日誌は、若手監督のフジエダがそのメガネの下から見つめる
現場を、本人の視点で更新していくというものです。
もちろん、私の視点と被る時も少なくありません。
フジエダが4/22の大工さんの道具についてを書いた更新分はこちらをクリック。
同じ日に私も同じ場所にいまして、その分が今日の更新です…。
DPP_20080423_3543.jpg
大工さんの道具は、あまり多くの場所で見かけるものではありません。
その多くが古く、重く、そして、何に使うのか良く分かりません。
また、どうやって使うのかもわかりません。
今日の写真の道具は、木材と木材を組み合わせる「ホゾ」を作り出すもの。
4台の電動ノコギリが組み合わさっているものです。
DPP_20080423_3547.jpg
大工さんは簡単そうに切り出しています。
そう、豆腐を切るようにサクサク切っていきます。
しかし、私がやるとそうはいきません。
途中でノコギリが引っかかってしまったり…。
道具が古いのは一つの道具を自分で整備しながら長く使うから。
重いのはノコギリの振動などで機械がブレてしまわないように。
こうやって電動の道具が目立ちますが、カンナやノコギリ、金槌なども
もちろん、電動工具に負けずに大活躍をしてくれています。
一棟一棟手作りで作り上げる棟梁は道具は古いけれど、
最高の仕事ができるように手入れは怠りません。
もちろん、それを使いこなす『腕』は毎日ピカピカに磨き上げています。
■■■構造現場見学会のお知らせです。■■■
外断熱住宅の施工中の現場を見てみませんか?
○日時:5月10日(土) 10:00~14:00
○場所:ひたちなか市足崎工業団地内
shizuku_genba_kengaku.gifQRコードにより地図を携帯電話で閲覧できます。
ちょっとわかりにくい場所なので、お問合せしてからの方が便利です。
■■■施主様セミナーのお知らせ■■■
テレビCMで放映中のソーラーサーキットの家を詳しく知りたい方は必見です。
ソーラーサーキットが何故冬暖かいのか、何故夏爽やかに過ごせるか、
健康住宅との関連をわかりやすく解説いたします。
○日時:5月17日(土) 14:00~16:00
○場所:茨城県開発公社ビル
kaihatukousya_map.gifQRコードにより地図を携帯電話で閲覧できます。
3階 中会議室2

++お問合せ、申込みは下記へ++++
Eメール info@mo-house.com
TEL   0294-22-3157
FAX   0294-22-7486
当日のお問合せはスタッフの携帯電話まで 森 090-8011-8901

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ