お弁当

長男は幼稚園の年中組、毎日お弁当を持っていきます。
家内は朝、長男と次男と私のお弁当を作るのが日課、
長男がテーブルで牛乳パックの飛行機を工作し、
次男はそれを邪魔して喧嘩して泣き、
私はその中で朝食をとったり歯を磨いたり着替えたり。
バタバタしながらも、毎朝子供たちのお弁当は気合が入ります。
DPP_20080606_6759.jpg
今日はウインナー巻き。真ん中に見えるのは太いウインナー。
アスパラガスやジャガイモを潰してチーズと合わせたフライ、
ヒジキの煮物など、和洋折衷料理のお弁当です。
長男は生後間もない頃からアトピー性皮膚炎に悩まされ、
原因はハウスダストや食物によるアレルギー。
ハウスダストは清掃をすること、食物アレルギーは徹底的な食事管理。
幼稚園では給食もあるのですが、長男は他の子たちと同じものが食べられません。
食べられるものと食べられないものの区別がまだ付かないうちは、
手作りのお弁当で食事管理を徹底するしか手段はありませんん。
食べると湿疹や、ひどい場合は発作を起してしまう場合も。
アレルギーの実態をしらない親は、「好き嫌い」で片付けてしまい、
食べることができない食物を強要することだって。
原因はまだはっきりと解明されていません。
ただ、アレルギーというものは確実に存在し、わかりやすいものだと花粉症や、
アトピー性皮膚炎、喘息などで子供だけでなく大人まで苦しめています。
アレルギーの原因のひとつが排気ガスや道路の粉塵。
私たちが自動車の利用を考え直す機会だと思います。
そしてもうひとつ、家庭内の温熱環境、室内の結露対策や
換気計画、そして換気計画に伴う気密の向上、
それらすべてが地球環境を向上させることでもあります。
アレルギーという問題は、地球環境に繋がる問題だなーと感じています。
 ストップアイドリング
もう一度、地球環境を考えてみませんか?



いよいよ明日となりました!!午後からお天気が崩れるようですので、
天気予報を見ながらお越し頂ければ幸いです!
普段はあまり見られない、木材問屋の展示会です。
■■■「いばもくフェア」■■■
 水戸にある木材問屋が展示会を開催します。
 めったに見ることが出来ない、木材問屋内を見学できます。
 木工教室やスタンプラリーなど、楽しい催しも予定していますので、
 ぜひ、ご参加くださるようお願いいたします。
—***—***—***—***—***—***—***—***—***—***—***—
 情報誌「住まい」をご希望の方には記念品の引換券が付いた、「いばもくフェア」の
 招待状をお送りさせていただきます。「いばもくフェア」へ行く前に情報誌「住まい」を
 お申込ください。
—***—***—***—***—***—***—***—***—***—***—***—
  ○日時:6月7日(土) 9:00~17:00
  ○場所:茨城木材相互市場(水戸市渋井町50 TEL029-221-3111) 
 QRコードにより地図を携帯電話で閲覧できます。
 携帯電話のバーコードリーダーにて読み取ることで、地図サイトへジャンプします。 
 ++お問合せ、申込みは下記へ++++
  株式会社モリハウジング営業部
  Eメール info@mo-house.com
  TEL   0294-22-3157
  FAX   0294-22-7486


サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ