メンテナンス工事、リフォーム工事

住宅の外壁の塗り替えはリフォーム工事ですよね。
でも、私は同時にメンテナンス工事だとも思います。
塗装は住宅の外壁材にとってのヨロイみたいなもの。
このヨロイは数年で劣化し、10年~15年程度で性能が半減します。
褪色したり、汚れが目立つ場合は保護としての塗料の限界です。
指で触ってみて、指先に色がついてしまう現象をチョーキングと呼びます。
白い鉄製のガードレールに服が擦れて白くなってしまった経験は
どなたにもあると思いますが、それがチョーキングです。
このチョーキングは素材(外壁材)から塗膜が浮き上がっている証拠です。
塗膜が浮き上がり、それが雨などで流されていってしまうと、
素材(外壁材)が雨に濡れ、紫外線に晒され、劣化してしまいます。
素材が劣化すると、塗り替えではなく、貼替えとなってしまいます。
塗り替え工事費の倍近くになる貼替え工事はできれば避けたいもの。
ご自宅を守るためにも、メンテナンスをお忘れなく。
PS_w_081127_6529.jpg
最近個別訪問の塗装業者の営業マンが多いようです。
建築業界が不況なので、のべつまくなしに団地などを巡回しているようです。
塗料はシンナーやラッカーなどで希釈することで
同じ量で広く塗布することが可能です。
少ない塗料で広い範囲を塗れば当然工事費を安く抑えることも可能です。
「安く塗装しますよ」
確かに安く工事をしてくれるかもしれませんが、耐久性が半分かもしれません。
安く工事はできたけれど、耐久性が低いから早く褪色をはじめ、
素材に水が浸み込んでしまい、結局高くついてしまったなんてことも
十分考えられる可能性です。
安いには安い理由があり、高いには高い理由がある。
ケーズ電機やヤマダ電機で売っている商品はそれほど差がありませんが、
『工事の質』には大きな差があることだけはご理解ください。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ