ピン


写真は、『ピン釘』と呼ばれる激細の釘です。
もちろん金槌では無理なので、空気圧を利用した機械で打ち込みます。
釘穴が小さくて住むので、釘頭が目立ちにくいのが特徴です。
釘の径がとてもちいさいので抜けやすいのが欠点。
それをどうやって克服しているかというと…、、
ここから先は企業秘密。いろいろなテクニックがあるようです。
どいういったところにピン釘を使われているのか、
次回更新のコラムにてご説明しようかと思います。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ