お風呂の入れ替え

photo20070629_16657.jpg
築40年以上の住宅のお風呂を改修しました。
こうした工事は、工事よりも下準備の方が大切です。
着工から完成までお風呂に入れませんから、
出来る限り工事期間を少なくして、
お風呂に入れない時期を短縮しなくてはなりません。
このためにも工事中に足踏みは絶対に許されません!
しかし、改修工事は、特に古い住宅の改修は
解体してみないと何が出てくるかわかりません…。
以前は水道管が老朽化して、穴があく寸前でしたし、
土台が腐って原型をとどめていませんでしたし、
間柱や柱が存在しなくてちょっぴり汗をかいたこともありました。
解体してあちこちを点検して、今回はまったく問題がありませんでした。
ここまでくれば工事は後半戦となり、後は流れ作業となります。
ユニットバス業者さんが頑張って、大工さんが調整して。。。
どんなに古い住宅でもまだまだ快適に過ごせるポイントはあります。
古く、隙間風だらけの家、ヒートショックが大きい家は
時にはとても不快で過ごしにくく感じることもあるかもしれません。
でも、愛着を持って古い住宅を大切にすることも、私は大切だと思います。
どんな形でも、「自分の家」を大切に、気持ちよく住んでもらえることが、
その家にとってとても幸せなことだと思います。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ