横胴縁

photo20070629_16667.jpg
外壁材の下地は縦に取り付けるのが基本です。
外壁の裏側に通気層を取ることで湿気などを逃がすように考えられています。
横に取り付けてしまっては空気が逃げるところがなくなってしまうので、
雨漏りの原因や木材の腐食の原因となってしまいます。
写真は某ハウスメーカーさんの外壁材の下地です。
横に取り付けてあり、??と思って近づいてみると…。
横胴縁に溝がつけてあります。
(写真は小さくてわかりにくいかもしれません)
この溝があれば空気は上へ流れるため、空気が淀む可能性は低くなります。
んー、各社工夫をしているなーと感心しきりの管理人でした。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ