photo200711094656.jpg
新しい住宅は「遣方」(やりかた」という作業から始まります。
地面に線を引くと、基礎工事の際、掘削してしまうと線が消えてしまいます。
このため、住宅の廻りに柵を作っておき、その柵に印を付けます。
この印を糸などで結ぶと住宅の線が浮かび上がってきます。
このため、この柵をちょっとでもいたずらすると住宅の形が狂ってしまいます。
それほど重要な柵を取り付けるのがこの日の作業です。
慎重に慎重に、角度や長さの間違いがないように何度も確認作業を行います。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ