作業場

photo200712076502.jpg
大工さんのトラックの荷台はしばしば作業場として活躍します。
このためトラックの荷台は低めの低床(ていしょう)タイプが多いのです。
逆に、材木店のトラックは長い木材を出しおろしするので
高床(こうしょう)タイプが多くなります。
同じように見えるトラックもいろいろな種類があります。
違いがすぐにわかるのはタイヤです。
高床タイプは大きなタイヤ、低床タイプは小さなタイヤです。
興味を持って見ると、いろいろと違いがわかって楽しいですよ。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ