左官工事


既存住宅の内部壁の塗り替え工事です。
写真は縁側です。
砂状の京壁の欠点は月日が経つとボロボロ落ちること。
最近の京壁は強力なボンドが成分に含まれているので、
こういった欠点は解消されています。
今回塗り直した住宅は築10年。
塗りなおしの原因は「カビ」でした。
カビを防止する材料を使用したのですが、
お施主様が留守がちで、窓・雨戸を締めきった状態にすることが
比較的多かったようです。
家は風通しを良くすることが長持ちに繋がります。
特に建築後1~2年は木材や基礎コンクリート、塗り壁、クロスなどから
施工中に使用した水分が発生し、結露などもしやすくなります。
意識をして風通しをするように心がけてください。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ