ゲタ

今日から連休を頂いています。
子供達は学校へ行ってしまっているので、久々に夫婦水入らずランチ。
ランチ先でちょっと面白いものを見ました。
IMG_3095.jpg
(たぶん)古い障子を利用した内装の扉です。
昔は障子や襖の高さと言えば『5尺8寸』が標準でした。
※5尺8寸=約1.76M
現在は2Mが標準的になりますので、高さが足りません。
障子の上下が新しい木で高さを調節しています。
こういった処理を建築業界では「ゲタを履かせる」と言います。
戸だけでなく、多くの部材の高さを調整する事をゲタを履かせると表現しています。
現在工事中の設計スタッフの山形の自邸がこのやり方で戸を加工します。
完成見学会は6月下旬の予定(工事が遅れています!)。
きちんと決まれば、現在「su-mai!」をお送りしている方だけに案内状をお送りします。
山形の家を見てみたい!山形の家は見たくないけれどsu-mai!を見たい!と言う方はお気軽に!
私は休みですが、優秀なスタッフが登録をしてくれます。
そうそう、資料請求をすると営業の電話がバンバン・・・なんて心配はいりません。
モリハウジングはそれほど積極的な営業スタッフはおりません。。。。
静かなお手紙やメールなどでのご案内です。
資料請求はお気軽にどうぞ。
+

モリハウジングのフェイスブックページ(←クリック!)が好評です。
営業案内から、イベント情報、スタッフの裏話などなど、
モリハウジングファンなら必見です!
もちろんファン以外も一見の価値がありますよー!
毎日更新!モリハウジングのフェイスブックを応援してください!!
モリハウジングのフェイスブックページ(←クリック!)

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ