好奇心と住まいづくり

今日は久しぶりに日曜日の休み。
息子たちと一緒に過ごすことができました。
シビック広場で開催されたキッズワールドへ行くも、長蛇の列に断念!
というわけで、池の川にある茨城大学工学部の「工学祭」へ。

息子たちは毎年行っているそうですが、私は休みが合わず今年が初めて。
それにしても楽しかった!
CO2測定モジュールとGPSモジュールを組み合わせた装置を見て感動し、
加速度センサーで3次元を認識して、空中に書く字を認識する装置を見て喜んで
他にも暗号化の技術やレーザーによるホログラムや熱湯をエネルギーに走るクルマや
もーーーーー、とにかく楽しんじゃいました!
私が、です。
子どもたちも(たぶん)楽しんでいましたが、私にとってはワクワクの連続でした。
色々な技術を見ては住まいづくりとの接点を考えて、今後の応用技術に期待して。
研究されている技術は「何に応用するための技術か?」ということよりも、「何かに応用できるかもしれない技術」といったことのようです。
だから今後これがどのように応用されていくかを想像するとワクワクしますよね。
好奇心があるから新しい技術の研究が始まる。
その技術に対する好奇心があるから住まいに応用できる。
住まいへの応用に対する好奇心があるからエンドユーザーにすすめることができる。
すべてが好奇心の積み重ね。
工学祭に集まる子どもたちや若者たちが、この好奇心をもっともっと育ててくれるといいなーと心から感じる森でした。
今日は一日お世話になりました。
ナチュリアを開催しているモリハウジングスタッフとして工学祭の準備のためのご苦労、こころより感謝します。
お世話になりました!
+

モリハウジングのフェイスブックページ(←クリック!)が好評です。
営業案内から、イベント情報、スタッフの裏話などなど、
モリハウジングファンなら必見です!
もちろんファン以外も一見の価値がありますよー!
毎日更新!モリハウジングのフェイスブックを応援してください!!
モリハウジングのフェイスブックページ(←クリック!)

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ