現地調査|価格だけで判断できない土地の選び方

新年早々あっちへ行ったりこっちへ行ったり。

20120108_6854154e364532.jpg

先日ははお客様からご依頼があった土地調査へ。
土地を見るポイントはいくつかあります。
そのうちの一つが、「価格」です。
「価格」は土地情報のひとつですよね。
〇〇坪で〇〇百万円といった具合に提示してあります。
しかし!
それは土地の価格だけ、なんですね。
土地の価格以外に必要な金額って案外多いんです。
例えば水道が引き込まれていない土地だったら
別途水道引込工事費が発生しますよね。
そこが畑だったら農地転用の申請をしたり、
都市計画法という法律に申請をしたり、
他にもいろいろ~~な法律が関連する可能性をチェックします。
合併浄化槽が必要な時は、通常の住宅よりも
その分上乗せして考えなければなりませんよね。
傾斜地なら基礎の形状が変わりますから考慮します。
500万円の価格が付いた土地が、他に100万かかった。
なんてことはよくあることなんです。
だから、私は不動産業者さんまで付いていきます。
契約書や重要事項説明書をきちんと読むようにお伝えします。
面倒だとは思いますが、ここで手を抜くと大きな痛手ですからね。
日当たり?
日当たりが悪い土地なら大歓迎です。
日当たりの悪さを解消する方法ならいくつでも提案しますよ!
+
土地の選び方は難しいです。
僕たち住宅業者であっても、独自のノウハウしかありません。
つまり、住宅業者だっても土地の見方をしらない場合はあるのです。
住宅業者だから土地のプロというわけではないんですね。
でも、僕は土地もきちんと提案したいと考えています。
だから、モリハウジングのスタッフは不動産の契約に立ち会ったり、
契約前に土地の調査を請け負ったり(もちろん無料ですよ)、
不動産業者さんとの折衝を代行したりするんです。
建築主が一番困ることは「相談相手が少ない」ことですからね。
不動産も住宅ローンも、税金も、生命保険も
なんでも相談できる窓口になりたい。
私はいつもそう考えています。
ちょっと暑苦しいですが、、、、なんでもご相談ください。
+
構造見学会
1月21日(土)13:30~16:00
水戸市笠原町
モリハウジングの作る、長期優良住宅の構造を見られます。
補助金100万円の取得が決まっています。
長期優良住宅の条件である、「耐震」「断熱」「耐久」は
図面や模式図なんかよりも実際にその目でご覧ください。

+
スタッフを募集しています。
モリハウジングのスタッフと一緒に働きませんか?
自分自身で考えて提案した内容が
お客様の喜びにかわります。
僕たちと楽しい家づくりをしましょう!
詳細はハローワークか当社スタッフまで。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ