儲かりまっか?

工務店を経営していて、強く感じることがあります。
「家づくりに対するスタンス」の差です。
例えば、私の家づくりに対するスタンスは、「愛」です。
かっこつけすぎですが、「愛」が私の原動力なんですね。
モリハウジングのスタッフ全員がそれを認めてくれていますが、
私は「家が大好き」で、「施主様が大好き」なんですね。
施主様が最高に満足をする家を建てたい!
と強く感じ、それが家づくり全体に対するモチベーションになります。
20110128_6654e364354.jpg
モリハウジングの家づくりにはたくさんの部材があります。
こうした部材と言うのは、いくつかのメーカーがあり、
多くの場合はそのメーカーから購入しています。
例えばサッシはLIXIL(旧トステム)、室内ドアは大建工業、
外壁はニチハやKMEW(ケーミュー)、床はPanasonic、、、といった具合。
上記に挙げた部材をモリハウジングではほとんど使いません。
モリハウジングが独自に選んだ部材や、自社加工の部材を中心に
僕たちスタッフが厳選した部材を使用しています。
なぜだと思いますか?
モリハウジングの選ぶ部材は「お客様の満足を『快適』を基準に考える」からなんです。
例えばサッシはLIXILのアルミサッシの方が安いしデザインも多様です。
でも、アルミサッシを使用する限り室内の温熱環境の品質は上がりません。
外壁にニチハやKMEWを使う限り、外壁は数年で褪色してしまいますし、
百万円単位の費用をかけたメンテナンスを十年に一度行う必要があります。
自社加工の部材を使うことは、例えば変形しやすい床材による隙間を
目立たなくさせる効果があったり、劣化に対しての対処がしやすかったり、
色を塗り替える模様替えが簡単にできたりと、メリットが大きいんです。
儲けよう!
と思ったら、もっと簡単な方法はあるんですね。
上記に挙げたメーカーさんは大手で、色々なルートを持っています。
また、営業的なノウハウも持っていますから、協力してもらって、
住宅の価格もグーンと下げることができますから、金額も低く抑えて
(樹脂サッシよりもアルミサッシの方が安いから、、、です)
バリエーションも多数ありますから、派手なモデルハウスを作って、、、、
そう、モリハウジングのモチベーションは「設けよう」ではないんです。
だから、お客様のために、お客様の満足のために、地味ですが、
部材のひとつひとつを吟味して確認して金額を検討して採用しています。
地味な作業ですが、これの積み重ねがすごく大切なのです。
私たちの家づくりは、私たちスタッフの感性でやっています。
チラシに私の手書きのイラストを付けるのも感性。
「su-mai!」の本文も感性、ホームページやブログも感性です。
「儲かりまっか?」というよりも「伝わりますか?」とう感覚。
伝わりますか?
「儲かりまっか?」という家づくりもあります。それも正解。
「伝わりまっか?」という家づくりもあって良いと思います。
そして、私は伝えようと思って日々奮闘しています。
あなたに少しでも私の気持ちが伝われば幸いです。
+
スタッフを募集しています。
モリハウジングのスタッフと一緒に働きませんか?
自分自身で考えて提案した内容が
お客様の喜びにかわります。
僕たちと楽しい家づくりをしましょう!
詳細はハローワークか当社スタッフまで。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ