吃驚

タイトルの文字、読めました?
「びっくり」と読みます。
読めませんよね~。
こんな漢字、ほとんど使われません。
だって読めませんからね。
+
建築業界や不動産業界では、業界以外の方がまったく読めないような言葉や
一般の方には意味不明の用語が普通に使われています。
例えば建築図面はすべてミリメートルで表記してあります。
でも、ミリメートルよりもセンチメートルの方が馴染みが深いですよね。
最近、当社では施主様への説明は極力センチメートルを使っています。
ミリメートルでもピンとこない方が多いのに、
大工さんや年配の監督は「尺」や「寸」で表現します。
お客様への説明時に使用しないように注意をしていますが、
脳内では尺寸で物事を考えている場合が多いんです。
設計士さんが使う「仝上」読めますか?
設計図面の「矩形図」(くけいずではありません)は読めますか?
「遣り方」ってどんな作業かご存知ですか?
塗料の「油性」と「水性」の差をご存知ですか?
土地の売買には「土地の価格以外の費用」がかかるのをご存知ですか?
重説の正式名称はお分かりになりますか?
「公図」は読めますか?
公図には何が書いてあるかご存知ですか?
どこに行けば公図をもらえるか知っていますか?
私たちの業界には難しい言葉や単位がたくさんあります。
それらをきちんと意識したうえで、わかりやすい言葉で
お客様に説明できることが私の目標です。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ