ドロップボックス

ご存知だと思いますが、「DropBox」のご紹介です。
「どろっぷぼっくす」と読みます。
お気づきの方も少なくないと思いますが、
実は私、、、ちょっとだけパソコンが好きです。
10年前は鉛筆と計算機、ワープロに帳簿主体だった工務店業界に
パソコンを持ち込んでホームページを作成し、
独自ドメインのメールアドレスを導入し、
エクセルで見積書を自動計算化し、
ファイルサーバーによって社内データを共有し、
ブログやメルマガはクラウド化して遠隔作業を可能にし、
iPhoneやiPadでもデータを共有できるようにしました。
これ以外にも会社のIT化をずいぶんやっています。
最近「クラウド」という言葉をよく聞くようになりました。
実はこの「クラウド」、最近のものではありません。
以前からずーっとあったものなのですが、
iPhoneなどのスマートデバイスを通じて、
可能性が広がったため、言葉が一般化しました。
インターネットを使った在宅業務、というのは
クラウドがなければ成立しなかったので、
「在宅」なんて言葉が出来た頃にはすでにありました。
20120203_3543e543453.gif
それましたが、「DropBox」です。
まだアカウントをお持ちでない方はすぐにアカウントを取りましょう!
無料で2GBの「クラウド」を手に入れることができます。
通常はお金を掛けてサーバーを借りたり、システムを構築したりするのですが、
この「DropBox」は無料で、気軽に導入することができます。
会社で「DropBox」に資料を入れておきます。
帰りの電車の中で、iPadなどでその資料を開いて読むことができ、
家に帰ってから家のPCで資料を編集することが可能なんですね。
実に便利、実に簡単なんです。
モリハウジングのスタッフも全員「DropBox」を使っています。
明日からドイツに行く私のフォルダに、日本でデータをポンと入れれば、
ドイツでもアメリカでもインターネット環境にある場所であれば
いつでもどこでも入れられたデータを見たり編集したりできるんです。
メールで送ればいいですって?
そうそう、それでも良いのですが、ひとつだけ。
メールはこっちに送られたデータを編集したら、データが二つになります。
つまり、日本にあるデータと、私の手元のデータと。
言い換えると日本で編集中のデータと、私が編集しているデータと。
ドロップボックスは日本で編集してもドイツで編集しても
同じファイルを編集するので、常に最新版があることになります。
もちろん同時に編集するのは不可能ですが、ファイルは一つで済むんです。
どっちのファイルが最新版か?なんて議論の経験ありませんか?
「DropBox」は私のドイツ研修もきっちりとサポートしてくれています。
+
住宅見学会
2月18日(土)13:30~16:00
日立市
茨城の注文住宅に掲載された、モリハウジングスタッフの
石塚の自宅を公開いたします。
さむ~い冬の日でも朝から20℃を上回る室内。
換気され、放射性物質の侵入も心配ない住宅です。
住んでいる住宅のため、完全予約制で実施します。
お問合せはモリハウジングまで
0120-3030-65

+
2月4日からドイツへ行ってきます。
このため、森の携帯電話は使えません。
連絡はモリハウジングにお願いします。
メールも、ネット環境が不明なため、
確認できるかどうかわからないんです。。。
0120-3030-65
ドイツにてインターネット環境にあれば
ブログにて日々の行動をアップしますね。
なぜ、森がドイツへ来たか?なんてことを
お伝えできれば幸いです。
+
スタッフを募集しています。
モリハウジングのスタッフと一緒に働きませんか?
自分自身で考えて提案した内容が
お客様の喜びにかわります。
僕たちと楽しい家づくりをしましょう!
詳細はハローワークか当社スタッフまで。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ