iPhoneのアップデート顛末

石塚のブログにiPhoneのことが書かれています(←クリック!)。
私もちょっと遅れてバージョンアップに挑戦しました。
以前のiPhoneは必ずパソコンにつながなければなりませんでした。
なのでバージョンアップのためにはパソコンに繋ぎ、
バックアップをとり、ダウンロードにアップデートと
ちょっとした作業でした。
現在はiPhone単体でアップデートが可能です。
このため私も気軽に自宅でアップデート。
気軽に、気軽にアップデートって良いですよね♪
ユーザーの使いやすさを追求するアップルらしい仕組みです。
一応、アップデート中のバッテリー切れに備えて
電源だけとってアップデートを開始します。
ふふーん、と鼻歌を歌いながら、、、、
iphone_20120309093545.jpg
あれ?
気が付くとこんな画面。
で、このまま15分が経過しています。
ホームボタンもスリープボタンもまったく効果なし。
ケーブルを電源から外してパソコンに接続するも効果なし。
ちょっと叩いてみても反応なし。
念のため振ってみたものの反応なし。
ホームボタンとスリープボタンの同時長押しで
電源が切れて再起動、、、、、、ふぅー。
と、iPhoneには初期化のメッセージが!
ただ、もうそれ以外に選択肢がなさそうなので、
初期化のメッセージに「OK」と答えると
そこからアップルマークが出たり、再起動したり
数十分の時間を経てまっさらなiPhoneになり。
電話帳もメールもすべてのアプリもない状態。
幸いにもバックアップはiCloudにとってあるので、
そこから復元の手続きを取って、データを戻します。
電話帳やメール、アプリは数時間を掛けて復帰するも、
音楽データはすべて消去されてしまいました。
(iCloudは音楽のバックアップは非対応)
現在もなお、音楽データは復帰しておらず、
パソコンに接続されたまま、クルクル同期マークが廻っています。
+
原因を分析してみたのですが、
きちんとバックアッププログラムがダウンロードされていなかったのかな?
バックアッププログラムのダウンロード中に一度外出をしており、
その間ダウンロードが一時的に止まっていました。
戻ってからダウンロードは再開したのですが、怪しいのはここ。
きちんとダウンロードをしておけば良かったと後悔しきりです。
アップデートも済み、現在はまったく問題ない状態ですが、
(音楽データはまだ同期終わっていませんが)
とても時間をとられてしまったのは事実です。
きちんとダウンロードをしてからアップデートをすれば
たぶんこんな問題はないと思いますので、皆様お気を付けて♪

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ